ゴールデンレトリバーが家族の関係を変えてくれた

父は家庭よりも仕事を優先していたので、子供の頃は一緒に遊んだ記憶がなかったですし、楽しく会話したこともなかったです。たまに夕食を父と母、自分の3人で食べることはありましたが、母が喋るばかりで父と自分は話しませんでした。微妙な関係は自分が就職し、地元の企業で働き始めてからも続いました。ところが、ゴールデンレトリバーを飼い始めたことをきっかけに、自分と父の距離がグッと縮まりました。

飼うことになったきっかけは、通勤路に新しくできたペットショップに立ち寄ったことです。
物珍しさで入店し、色々なペットを眺めていた時、小さいゴールデンレトリバーと目が合いました。とても可愛いメスのゴールデンレトリバーに一目惚れしてしまい、飼うことを決めました。飼うことを相談せずいきなり連れて帰ったこともあり、怒られる気がしていましたが、意外にも驚かれただけで済んで良かったです。犬を飼うのは初めての経験でしたし、なかなか言うことを聞いてくれずに困ったことはあったものの、一緒に遊んだり、散歩をしたりなど家族3人で生活している時に比べて家で過ごす時間が心地良くなりました。そして、一番嬉しかったのは父が可愛がってくれたことです。

無口で何を考えているのかわからないという印象の父でしたが、ゴールデンレトリバーを飼い始めてから笑顔が見られるようになっただけではなく、散歩にも連れて行ってくれます。また、父から自分や母に話しかけることが増えたので、ゴールデンレトリバーのおかげで家族の関係が良い方に変わりました。病気で別れてしまったので一緒に遊ぶことはできませんが、出会えたことに感謝していますし、父が動物好きになったようで現在はゴールデンレトリバーと猫を飼っています。

Leave a Reply